Labels

hotel (64) android (47) mac (46) ubuntu (27) English (8) travel (6)

Monday, August 22, 2011

あら、了見の狭いこと・・・

東北の高速道路の復興支援目的の無料化、を打ち切り・・・

あら、復興よりも「正義」を優先しちゃったのね・・。そもそも制度が中途半端だって。

1)復興目的の通行かどうか、を「出発又は帰着点がエリア内」という事で決めている。
2)つまり、「復興目的かどうか」を知る術を、そこに依拠しているのであれば、判断基準に合わせて行動した方が合理的な結果が得られる
3) 確かに「復興目的」という意味では目的外であるが、止められるものではないだろう
4)それに、該当のICを使わないからといって、復興と無関係とも限らないだろう

そんな面倒くさいシステムなんか止めて、

★最初から、「指定区間無料(被災県区間)」

にすれば良かったのではないのか?ETC車に限定して、引き落とす際に控除すればいい。確かに復興と無関係な自動車もメリットを享受するが、復興目的かどうかを区別する方法がない以上、そこは「割り切ってしまえば」よかったんではないか。

目的に合致しているかどうか、判断する方法がないのに、無理に判断基準を作ってしまったのが失敗の原因でしょう。確かに「割り切る」のは公平性等の点で問題です。だから「政治が判断」すればよかった。政治家が決めれば良かったんです。

「復興支援」よりも「公平性の確保」の方が大事なんだ、という事がよくわかった結論でした。

でも、本当は減収に直面した道路公団から、収入を戻す口実、として使われたんだったりして。

No comments: