Labels

hotel (64) android (47) mac (46) ubuntu (27) English (8) travel (6)

Saturday, April 4, 2015

コーデックのお勉強(Blietoothのイヤホン・スピーカー関係)

今更、Bluetoothイヤホンなどの接続に、Bluetooth2.1とか3.0以外に種類がある事を・・知りました・・それも知らないでBluetoothスピーカーなど偉そうに論評してたのは少し恥ずかしい・・。

さて、Bluetooth規格のA2DPプロファイル(音楽を鳴らす機能)には、大きく分けて、
SBC, aptX, AACの3種類のコーデックがある、という事です。後、新しくソニーがハイレゾ用に作ったLDACってのがあって合計4つ。
SBCは昔からあるもので圧縮率が高く、音がイマイチ(音域が狭い)。遅延などもあるよう。ただし、Bluetoothデフォルトで対応しているので、何でもつながる。後のは音がいい、という風に簡単に言えるそうです。つまり、機器が、SBCにしか対応してないと音がイマイチで、AACやらaptXに対応していると音がいいらしい。AACは、iPod、iTunesで採用されて普及したもので、後にFlashPlayerも採用(MP4の音声部分はAAC)でも採用し、よく普及している。AACも拡張版があるようだが普及しているのは基本版のようだ。AACはドルビー研究所の商標でもあるらしい。対するatpXはCSRという会社が開発したもので、Android系の端末で多用されているらしい。そして最後のLDACはソニーがハイレゾ用に投入したもので、2014年モデルくらいからソニーの機器に実装が始まっています。

さて、気になる機器を見ると(SBCはデフォルトなので省略)
 

機器側:
MacBook Air : aptX (Yosemite)
iPhone: AAC

スピーカー
Panasonic SC-NA10; BT3.0, AAC/aptX

SONY SRS-X33: BT3.0, AAC/LDAC
SONY SRS-X5: BT2.1+EDR, AAC/aptX

SONY SRS-X55: BT3.0, AAC/LDAC
TDK A26: BT4.0, SBCのみ

JAWBONE miniJAMBOX, BT4.0, SBCのみ?
YAMAHA NX-B55, BT2.1+EDR, AAC
Bose SoundLinkIII, 非公開、ただしレビューでAAC/aptX対応との情報あり

ヘッドホン(イヤホンです)
SONY MDR-AS800BT: BT3.0, AAC/aptX MakerSite

SONY MDR-AS600BT: BT3.0, AAC
SONYDRC-BTN40K, BT3.0, AAC

Audio Technica ATH-SPORT4: BT3.0,  SBCのみ
Audio Technica ATH-BT12: BT3.0, aptX MakerSite

SONY MDR-EX31BN, BT3.0, AAC/aptX MakerSite

JVC HA_FBT30/60/80, BT3.0, AAC
Audio Technica AT-PHA50BT, BT3.0, AAC/aptX (アンプのみ) MakerSite
Elecom LBT-PAR500AV, BT4.0, AAC/aptX (アンプのみ) MakerSite

機種が新しいと必ずしもいいとは限らないようで、
例えば、上記のSONY SRS-X5の後継機となるSRS-X55は、AACには対応しているがaptXには対応しておらず、代わりにLDACに対応している。(注:でも、SRS-X55がaptXに対応している?と思わせる情報があります。これ、どういうことなん?)

とまぁ、そうなんですが、私の耳が悪いのか、コーデックはコーデックでしかなく、イヤホンやスピーカーである以上、それ以外の部分の音の要素が重要、という事なのか、正直なところ、普通に何となく聞いている分にはSBCでもわからない・・・・ですかね。何となく、「MacよりiPhoneの方が(ほんの少し)音がイイかな?」なんて思ってたんですが、それはもしかしたらAACでつながっていたから・・・かも知れません・・・が今となってはわかりませんが・・

補足・・・プロファイル
Bluetoothのプロファイルは、まぁ、「機能」ですね。
よく見かけるのは、
HSP (Head Set Profile) ヘッドセットとつないでマイクとイヤホンをつなぐ。モノラル。
HFP (Hands Free Profile) HSPに、発信や受信の機能を。通話の開始や終了?。モノラル。
A2DP (Advanced Audio Distribution Profile) 音声をスピーカーなどに出力。ステレオ。SBCやらaptXやらAACやらはここの話。通話でヘッドセットとして繋いでいる場合、多くはHFPでつながっているので関係ない。
HID (Human Interface Device Profile) マウスやキーボード
LAP (無線LANを作る)Bluetoothテザリング?

などなどですね。まぁ、どうせ目的別で買うのであまり知らなくてもいいんですけど・・

で、購入の基準は何か、と言うことになるわけですが・・・
ライフスタイル次第!ではありますが、

音楽は基本的に家でも外でもiPhone、という人ならAAC対応していればいいので、そこだけで選べますね。Macでも音楽を聴く、という人はaptXにも対応しているものが要ります。
 
 iPhoneで音楽を聴くのにaptXにしか対応してないもの使う、というのだけはモッタイナイ、って事ですね。aptX対応のスピーカーやイヤホンはお高めですから。

なお、Windowsは、Bluetoothアダプタのメーカー次第、のようです。




No comments: