Labels

hotel (64) android (47) mac (46) ubuntu (27) English (8) travel (6)

Friday, June 10, 2016

オーディオテクニカ アクティブフィットイヤピース

オーディオテクニカ アクティブフィットイヤピース(他人のブログですが)、と言うのがある。
AudioTechnica ER-CKP500S, M, L

多くのイヤホンでは、最近はカナル型の「密閉式」が主流となっている。ゴムのイヤピースが耳にぴったりとくっついて音漏れを防ぐと共に、特に低音がヌケてしまうのを防止。密閉式では迫力ある音が楽しめる。

一方で、密閉式は周囲の音が聞こえなくなってしまうため、アウトドアでは少々危険だ。また、ケーブルのこすれ音などは却って目立つようになってしまう。当たり前だが密閉感があって、それを不快だと感じる人もいるだろう。

私の場合、通話重視でマイク付きを使ったりしている関係で、密閉型だと自分の声が聞こえずに話しづらい、というのが問題。その点、アクティブフィットイヤピースなら、耳につけるイヤピースに溝が入っていて完全密閉にはならないため外部の音が聞こえる。通話している際の自分の声の聞こえ方も自然だ。とかなんとか、いろいろあって、AudioTechnica ATH-SPORT4で使っていた(商品添付のもの)のだけれど(ちなみに音楽ではなくニュースを聞くので声がハッキリ聞こえればよい)、マイク性能が低く(声が小さい、と言われてしまう)お蔵入りかなぁ・・・と諦めモードになっていた。

と、思いあまってSONY MDR-AS800BTにはめてみたら・・・ピッタリはまるやん?。密閉式のイヤピースだったのでしばらくお蔵入りだったMDR-AS800BTだけど、今、アクティブフィットイヤピースを着けてからは、毎日持ち歩くようになった。このイヤホン、マイクの性能がいいようで、通話相手からも「普通に聞こえます」と言われるので、気に入っているんですよ。

そう思って、手持ちの他のイヤホンにはめてみたら案外とはまる。と言うわけで、他の「密閉式なので最近お蔵入り」モードのイヤホンがいくつかあるので、買って復活を試みてみようと思う。と言うわけで、オーディオテクニカのサポートにコンタクトして購入!。(普通の大手サイトにはなさそうだった)

早く来ないかな。

2016.6.14 追記

来ました!いろいろはめてみると、低音がヌケてしまうので、音楽などが物足りなくはなるものの、今まで密閉型の周囲の音が聞こえないとか、密閉感とか、ケーブル音を拾いやすい・・などの欠点が解消!。

1. Audio Technica CKX-7iS
2. SONY DRC-BTN40Kの付属イヤホン
3. SONYMDR-AS800BT
4. Panasonic RP-HS200

に装着して、使ってます。特に最後のパナソニックのイヤホンはスポーツ用なので相性いいよね。

この最大のメリットは「イヤホンの選択肢が増える」です。通話が多いのでイヤホンマイクを使いますが、オープン型のものがとても少ない。以前はBOSEのものがあったのだが、最近のはインナーイヤー型もイヤピースに「ひだ」がついて密閉型に方向転換。選びにくくなり、今ならAudio Technica ATH-C505iSとか、とても少ない。その点、このイヤピースがあれば、密閉型のイヤピースと入れ替えれば開放型に変身するので、種類の多い密閉型から選べばいいので、選択しやすい。

低音が足りなくなるのは、イコライザで多少補えるかな。

いいぞ。








No comments: