Labels

hotel (64) android (47) mac (46) ubuntu (27) English (8) travel (6)

Sunday, June 24, 2018

中国語検定を受けてきました(4級2回目)- 合格

前回、涙を呑んだ中国語検定4級試験ですが、リベンジを図るべく受けて参りました。

中国語検定第95回

自己採点結果は、
リスニングが75/100、筆記は88〜90/100(記述問題の減点次第)ですので、合格ラインを突破しましたね!。(一応合格通知来てからタイトルを合格、に直そうと思っています)

(追記:最終的には、リスニング80点、筆記が90点でした)

前回、リスニングで落としていて、「何が読まれているのかサッパリ分からない」状態だった訳ですが、今回は、所々落としつつも意味は大づかみできました。これで3級の勉強に移ることができます。

勉強の後半戦では、「紹文周の中国語ヒアリング完全マスター」 にお世話になりましたが、これレベルは低目ですが、良かったと思います。

なお、中検4級ですが、「初心者レベル」と言われています。が、どうなんでしょうか。筆記はともかく、リスニングは結構難しいと思います。 ちゃんと勉強しないと受かりませんよね。これは同音異義語が多く、同じ音でも状況によって意味を素早く判断しなければいけない中国語の特性もあると思うのですが(日本語もそうですが)、リスニングは結構やりこまないと4級受からないと思います。ある程度語彙力が溜まり、運用能力が付けば突然視界が開けるようにわかるんだろうな、と予想していますが・・。

2018.7.13追記:
合格は素直に嬉しい。けど、このレベルでは全く実用にならない事もわかっている。多分、ネイティブと話をすると、「ところどころ知っている単語がわかるが、全体として何を言っているのか全然分からない」という感じだと思う(3級から2級の教材聞くとそう感じるから)。
3級に向けての勉強は始めたばかり。とりあえずキクタン3級を開始(まだ3日目)。あとまだスタートしてないけど、中国語構文ドリル、やる予定。




Saturday, June 16, 2018

プリペイドカードを使った感想;プリカはいい!

クレジットカードユーザがプリペイドを体験した感想です。普通、クレジットカードを持っていればプリペイドは必要ない、と判断する人が多いと思います。しかし、実際に使って見たところでは、クレカとは別にプリペイドを持つメリットもあります。今回はそれについて書いてみますね。

au walletのプリペイドを使っている(が、auとは連動してないけど)。

使い方としてはクレカと同じなのでそこは問題ではないんだけれど、 お金の使い方、というか、把握の仕方が変わってきたので書いてみますね。

まず、元々、コンビニ、ファーストフードなど少額決済用の積もりで作ったので、「現金の代わり」として使っている。スマホで残高が即確認できるので、ある意味現金以上に残高が「見える化」される。今までと同じ感覚で使って残高や使用履歴を見ると「うーん、思ったより使っているな?」と意識するようになった。

あと、一部クレジットカードの代わりとしても使っているが、これも同様で、クレジットカードだと残高を意識することはないけれどプリペイドだと残価が気になるのでスマホアプリでチェックするようになった。で、これも「うーん、思ったよりも使っているんだな」と。「支出をキチンと意識するようになった」というか「お金が減る、という気づきを得る機会ができた」というか。よりお金が減るのをリアルに把握できる感じがするんですね。

 私の場合、ローソンで現金をチャージしているため、それも影響しているかも知れない。「あ、またチャージしなきゃ」と1万円ずつチャージするんだけど、案外チャージの頻度が高い。ちょっと、「必要のない支出は抑えよう」という意識が働きますね。

と言うわけで、プリペイドカード。いいです。お勧めできます。

では、どれがいいか、と。種類が豊富とは言いがたいですが、

お勧めはWebマネー、でしょう。ひとつはチャージ方法が豊富なことが理由です。現金チャージ、クレカチャージの他、ネットバンクで銀行からチャージできますし、某銀行のATMでも。クレカチャージは結局クレジットに付くので、それよりも「ゲンナマ感」を味わえる現金かまたは銀行チャージができる、というのがいいです。
 もう一点は、残高や利用履歴の確認が容易なことです。他のカードでもWebで確認はできますが、このカードはスマホアプリが秀逸なんです。重要なのは気軽に、さっと残高の確認ができること。これも「ゲンナマ感」のためですが、この点で専用アプリが用意されており、指紋認証などと合わせるとわざわざ手操作でログインせずとも気軽に確認できる。この点がいいです。

デビットカードでも悪くはないんですが、プリカは「事前チャージ」が現金ぽくていいんですね。デビットでもクレジットのような借金できない点はいいんですが、あくまで残高の意識が甘いと口座直結なので使いすぎることもあるかと(貯蓄口座を別にすれば解決かもですが)。

プリペイドって、「クレジットカードがあるから要らないよ」って思う人も多いと思います。私もそうでした。auのキャンペーンがなければ作らなかったと思いますが、「クレジットカードとは別に持つ価値あり」だと思いました。


なお、au walletもいいですよ。auのスマホの人には便利だと思います。ただ、実際にauと連動してオートチャージを使うと利点が損なわれるでしょう。プリカでオートチャージは邪道だと思います(特に、一定額以下になると自動でチャージする場合。これだと意識せずプリカに移してしまうので現金感がなくなる)。

なお、2018.6.23になってやっと「おさいふPonta」入手しました。それはいいのですが、au walletで学んだ「プリカの利点」をこれでも享受できるかどうか考えて、実際に使うかどうか考え中です。上に記した2つの利点のうち、チャージについてはローソンで現金チャージする、ということで問題ないとして、やはり履歴の確認がネックですね。ローソンの店頭では残高しかわからないので、履歴はWebで、という事なんですが、やはりアプリで対応して欲しい。上にも書いたけど、プリカはやはり「ゲンナマ感」「現金感覚」が大事だと思うので。ローソンさんよろしくお願いいたします。

追記:
Googleでプリカを検索するといろいろプリカについて否定的なコメントもありますね。これについて書いてみます。どうやら「すでにクレカを持っていて」「ポイント優遇などさらなるお得を求めて」いる人に不満が多いように見受けられます。元々、クレカからのチャージなどについていたポイントが廃止されたり、の場合ですね。「だったらクレカの方がいい」とかいう結論になる訳です。
しかし、 私の場合プリカはあくまで「現金の代わり」なのでポイントは期待してません(少しでもあったら嬉しいけど)。それよりも「ゲンナマ感」ですよ、ゲンナマ感。
また利用できない加盟店がある事も問題視されますね。しかし、しょうがない面があります。例えばガソリン。ガソリンって、「先にカードを入れて、その後ガソリン入れてから精算」ですよね。つまり金額が確定しないうちに「カードOK」を出してしまう仕組みです。これは「カード会社が責任持って払うだろう」という信用に基づいた仕組みでしょうから、その信用を使わないプリカやデビットでは使えない、という事でしょう(しかしスタンド系列のプリカは使えるので、間違ってるかもだけど)。ホテルみたいに、「先にクレカを提示」するけど「支払うカードは別に」できる仕組みをガソリン業界が入れてくれれば解決するとは思いますが。あと、携帯などは難しいみたいですね。恐らくですが、月々引き落とす系の支払は引き落としの失敗を嫌うので、そのせいではないかと思います。 これはクレカの方がいいですね。特にメガキャリア(DoCoMo, SB, au)でスマホを割賦で買っていると、引き落とし失敗はクレヒスにマイナスです。これもトラブルに繋がるので避けたいでしょうから。ここはクレカでいいかな、と。
という訳で、クレカの代わりではなく、現金代わり、に使ってれば不満も少ないと思います。が、クレカを完全に代替しようとしたり、ポイント優遇など「お得」を求めている場合には不満を持つんだろうな、と思います。

Friday, June 1, 2018

おさいふPontaやーい

最近、au walletを使うようになって、「プリペイド」に興味津々。これはこれで十分なんだけれど、同じプリペイドタイプで「おさいふPonta」というのがあると知った。

au walletでも十分と言えば十分なんだけど、子供の小遣いの一部を電子マネー支給にするのもいいかな、と考えていて、その際の候補に考えてる。そういう(子供に渡す)使い方に向いていると紹介しているサイトがあったからだ。

で、早速入手して自分で使って見ようかとローソンに向かうんだが、1店目・・ない。2店目・・ない。3店目・・ない。(追記:4店目もなかった)あれ、どこでも在庫が切れているようだ。店員さんもよくわからないようだ。そんな人気のカードなのか?。

おーい。おさいふPontaやーい。

Wednesday, May 30, 2018

日大アメフトの問題、日大だけの問題?

昨今、世間を騒がせている日大アメフト部問題。なんだか、監督やコーチの問題から、「日大の体質」に話が行っているんだけど、本当にそうかな。

根性論、精神論を振りかざして、独裁的にチームを指揮する監督や指導者、結構多いと思うよ。高校野球や少年野球なんかでも結構ありそうじゃない?。その上、そういうところで坊主頭で汗だくになっている少年を見て「青春」とか美化している人、多いでしょう?。少し前に問題になった「組み体操」問題も根は同じ。「団結」「ガンバル」のが大好きなんだな、日本人は。日大アメフト部のような体質の組織は日本中至る所にあると思うよ。

で、そういうところでお山の大将になっている指導者、これもたくさんいるでしょう。日大に限ったことでしょうか。体育会って「上下関係絶対」で、監督やコーチは「雲の上の存在」です。指導中に限りません。飲み席から何から、全部序列が付いていて、ただ道ですれ違っていても失礼など許されません。軍隊なんかの組織に似ていますね。階級絶対。命令があれば敬礼して服従する。そういう体質ですよ、多かれ少なかれ体育会というところは。

今回の件では、関学の対応の的確さと日大の対応の拙さが目立つ。だから余計日大の「たくさんの悪いところ」が目に付くけれど、「体質」の話をするなら日大が独断珍しい、という訳でもなかろう。

なので、日大や監督、コーチを悪者にして終わっていいんだろうか。と、疑問に思う。日本の体育会文化を見直すきっかけになった方がよいのでは、と。


Sunday, May 6, 2018

移民反対の声が多いけれど、移民しか選択肢ないのか?

経済評論家の方々が経済を論じる中に「移民」のトピックもよく話題に出る。これは労働力不足から「外国人労働力」の文脈で出てくるのだが・・。なぜいきなり「移民」なのか?。
  • 移民・・日本に帰化する、または永住権を取得して移住、子孫は日本人になる
なんだが、ビザには滞在期間を限定した労働ビザというのも存在する。そちらはなぜか話題に上らず、移民を受け入れるかどうか、という話に飛躍している。労働力不足、というよりも、人口減少を補う手段として捉えているからだろうか。しかし、そもそも人口減少して困るのは、納税や社会保障の支え手が減る、という事だろうから、移民でなくても良いのでは?と思ったりもする。それとも、稼いだお金が国外流出することまで懸念しているのだろうか。
そもそも、日本は海外の人にとって魅力的な労働市場なのだろうか。違うだろう。日本で就ける仕事は日本人でも低賃金でキツイ、人が集まらない現場職だ。その上、日本語は世界的に見ても難易度の高い言語で習得のハードルが高く、更に日本人自体が多様な文化を受け入れる素養に欠けている(ように思われる。自分たちに合わせる限りは受け入れるが、他の文化には疎いし無関心だと思う)。だから、多くの外国人にとって、根を下ろしていくような対象になりにくいのではないかと思ったりもする。
また、移民目的になりにくい法律でもあると思う。日本国籍は血統主義で与えられる。日本で生まれても日本国籍が付与されるわけではないためだ。逆に言えば、日本に来た労働ビザの外国人が、子供に日本国籍を与える事を意図して結婚・出産、する意味がない、という事でもある。(とは言え、日本の学校に通ってすっかり馴染んだ子供をどうするか、というのは人道上の問題はあるかもしれないが)

移民については少し慎重に検討するのは当然だけれど、労働ビザについては永住ではないのでそこまで神経質にならなくてもいいのではないか、と思うな。

(なお日本の労働ビザの制度や周辺の問題について詳しい知識はない前提で垂れ流しているだけです。ただ、結構厳しく、なかなか難しいというイメージを持っています)

Monday, April 30, 2018

NHKの語学講座にASEANの言語、追加しないのか

NHKの語学プログラム。その質の高さで定評があり、通訳や翻訳者、外資系企業で活躍する人の中にも「NHKラジオでXXX語を学んだ」という人はとても多く、語学ネタでは常に有力な推奨学習方法に挙がっています。私自身も英語、中国語のプログラムを利用させてもらっています。ニュースくらいしかテレビは見ない私ですが、それでも渋々ながら納得してNHK受信料を納めているのは「語学プログラムの授業料」と自分で自分を納得させているから。語学プログラムはそれだけ価値がある。
特にいいのは、格安で一流講師の授業を聞くことが可能で、どの書店でもテキストが手に入るため、「XXX語やってみようかな?」と思ったときに取りかかるハードルが低い、というのがあります。テキストは英語の隣に並んでいて、イヤでも目に入り、手に取りやすく、NHKで英語を学んだ人たちの「プラスワン」になりやすい。

さて、私がひとつ不思議に思っているのは、なぜ、アジアの言葉のプログラムがないのか。日本にとって、すぐ隣の国である中国や韓国が重要だからプログラムがある、というのは納得できるんだけれど、「アジア世界の成長センター」と言われ、沈滞ムードがある世界の中で今後も成長が見込めるアジア地域の言語がなぜないのか。

3億近い人口を抱え、巨大な経済圏を構成する大国インドネシア。TPP加盟で日本との経済的な繋がり強化されると想定されるベトナム。日本企業の工場が多数あって産業面の重要なパートナーであるタイやマレーシア。日本に近くサービス産業などで連携が深いフィリピン。最近解放されて産業化時代を迎えようとしているミャンマーなど、人口規模が大きい上に経済的産業的に繋がりが深い国や地域がいくつもある。なぜ、語学プログラムがない?。放送時間の枠はあまり問題にならないだろう。他の「再放送」を削ればいい。だって、ネットで再視聴できる環境がちゃんと用意されているんだから。

個人的な希望の面もあるけれど、日本企業の商売的にもNHKの語学プログラムはもっと充実するべき(して欲しい)だと思う。莫大な予算が必要とも思えないし・・。



Sunday, March 25, 2018

中国語検定4級を受けて来ました-不合格

第94回中国語検定4級を受けてきました。

で、戻って自己採点しましたが・・・
リスニングが、40(か45)/100で、不合格ですね。
筆記は、記述問題の減点にも左右されるけど、65点前後と推定。
過半数が合格すると思われる試験で、不合格はちょっと厳しい。

まあ、残念です。敗因分析をして次に活かしたいと思います。

  •  今回は試験対策の勉強量が足りていませんでした。ちょうど直前の2ヶ月ほど、仕事が多忙でまとまった勉強時間を確保しにくかったんです(もちろん言い訳です)。前回の準4級が楽勝な感じだったこともあって舐めてたかも知れません。いずれにしても、まとまった時間を取って勉強できたのは直前3〜4日かと思います。
  •  リスニングは、単純に訓練不足ですね。4級になるとまとまった会話や長文が読まれますが、正直「ところどころ」しかわかりませんでした。これは、語彙が単純に不足している、というだけではなく、持っている語彙も「使えてない」ということです。キクタンで単に記憶しているだけで、文章の中で読まれても結びつかず、何言ってるかわからない。中国語は同音異義語が多いので、コンテクストで語を判断する必要があるが、それには「使い慣れ」ないとダメ、という事ですね。これが今回一番大きいと思います。
    なお、これは直前にトレーニングブックのリスニングパートをやって発覚したので覚悟はできてました。何しろ「何言ってるかわからない」状態。ところどころ分かるところはあるが、全体の話の筋までは分からない。文字があるとわかるし、文字がなくてもヒントがあるだけでかなり理解できるんですが、何もないと本当に「お手上げ」だった。これは積み重ねがないと無理だな・・と。
  •  筆記はギリギリ合格点には達していそうですが、構文系が全然ダメですし、作文も「単語並べただけ」になってしまっています。ちゃんと構文を復習して文章を書けるようにならないとダメですね。
  • キクタンの単語も最後数日で追い込んではみたんですが「うろ覚え」状態で、「何となく」わかる語は増えたものの、ハッキリ思い出せない単語の方が多い状態です。これも、もっと定着するまで刷り込まないと行けませんね。もっとも、この「うろ覚え」も効果はあって、ピンイン問題はちゃんと点が取れているのでムダではなかったかな、と。
 という訳で、次は6月か・・・ちょっと気が重いですが、片付けておかねば・・・と思う今日この頃です。

よく、いろんなページでは「準4級、4級は受けなくても良く。3級から受ければいい」と書いてあるんですが、4級は「簡単」とまでは言えないと思います。慣れない中国語で、結構長い会話や文を聞く必要がありますから。まあ、学校などでテストを受けたりしている人はそれでいいのかも知れないですが、独学派はやっぱり下から順に受けていくのがいいのかな、と思いました。

2018.4.16 追記
結果帰ってきました。リスニング40点。筆記70点ちょいです。今回は難易度が高い?ため、補正があったようで各55点が合格ラインのようです。合計110点だとギリギリ満たすのですが、4級は合算ではなく各々満たす必要があるのでダメですね。まあ、でもリスニングは明らかにダメダメだったのでまあ、よしとしましょう。

現在、6月に再挑戦の予定です。NHKラジオをレベルアップ中国語にしましたが、この四半期は文法中心の回・・・とはいえ、ダイアログの速度が格段に速くなっており、また金曜日の復習回にはリスニングもあるので、これを中心に。また同じNHKラジオのおもてなしの中国語は、毎回最後の5分にやる「わかって欲しい日本のこと」が、ちょうどリスニングにぴったりなので、(前半は軽く流して、これだけは)今回も聞きます。ディクテーションでやってみました(事前に音読している文なのでズルですが)が、効果ありそうです。自分の単語力が「単語単独」レベルで、文として繋がると全く聞き取れない、という事が明確になった・・これが弱点だとはっきりしたので対策も見えてきました。昨シーズン聞いたときは、この部分「ずいぶん難しいことやるんだな」と思っていたのですが、今なら「聴き方」も見えてきたので頑張ればやれそう・・・です。あと、「中国語がわかるリスニング」という教材を買いました。安い本でテキストもあっさりしているのですがCDが2枚入っていて、結構なボリュームです。文法や単語は別にやってリスニング「だけ」強化するにはいい本だと思います。ちょっと分量的に4級の試験までに全部は無理ですが、前半だけでも聞き込みたいですね。4級の先の3級を睨んでやっておいて損はない教材、という感じです(まだ1つめの話ですが)。なお、「4級レベルから」という触れ込みですが「4級レベル」ではちょっと難しいのではないかと。聞き取れないのはワタシの耳が糞だから、としても、ともかく単語が難しいです。一応、難しい単語は解説があるんですが、ほんの一部だけ。かなり辞書を引かないと厳しいです。