Labels

hotel (64) android (47) mac (46) ubuntu (27) English (8) travel (6)

Sunday, September 3, 2017

ノイズキャンセリング

事務所のエアコンの音が大きくて、ちょっとそのままだと厳しい・・・で、ふと「ノイズキャンセリング使えるやん?」と思いついた。

まず、手持ちの試してみた、SONY MDR-EX31BN

そこそこいけるやん?。でも、耳にしっかり刺さないといけないので、しんどいなぁ。やっぱりオーバーヘッドかな?と。

で買ってみたのが、JVC HA-S88BN。理由は安かったから、なんだけど。
うーん・・・先のSONYに負けとるなぁ・・・まあ、安かったから仕方ないけど。通常だったら十分なんだろうけど、ウチのエアコンはちょっと音の大きさが尋常じゃない。買う前からわかってはいたのだが・・・
(なおコイツはコイツで、NCと主電源が別なので、NCだけ、という使い方もできる点は良い。ワイヤレスという点もよい。ただ、なぜかiMacとは相性が悪くBluetoothで音がブツブツ切れる。MacBookAirやiPhoneでは問題ないんだけど)
 でも、思いあまって、EX31BNとS88BNをダブルで装着してみると・・・おお、スゴイ!、静寂だ!。ただ、重いし耳が・・・。

結局、いろいろ評判を見て選んで、BOSE QC20を購入した。イヤホンだけど、強く耳にねじ込まなくてもよさそうなのと、数あるBOSEのノイズキャンセリング製品の中でも一番、ノイズキャンセル性能が良さそうな評判だったから。ワイヤードモデルなんでコードが邪魔ではあるんだけど、音楽聴くわけじゃないので、許容範囲(ユニットをポケットに入れて使う、という点で使い使い勝手はワイヤレスモデルである上記のEX31BNと同じ)。

さすが評判に違わず、ノイズキャンセリング性能は上記のSONYのよりもよく、当分はコレで行くつもり。

 ただ、調べていくウチに煩悩が出てくる。やっぱノイズキャンセルと言えば、BOSEと双璧のソニー・・。

SONY MDR-1000X
 いわゆる全部入りで、ハイレゾ、LDAC対応だけど・・そこまでいらんかな。
 でも、現時点でノイズキャンセリング性能が最高だと言う。そこには惹かれる。
 今回選ばなかったのは、アームが弱くて割れやすいというレビューが多かったから。

SONY MDR-XB950N1
 MDR-1000Xからハイレゾを除いた感じか?。でもAAC/aptX対応なので十分ではないかと思っている。

SONY MDR-ZX770BN
ちょっと安い。古い(といっても、2015年4月発売)からかな?

あと、どうしてもBOSEは気になるけど・・基本、aptXとか対応してないので、ちょっとそこは気になりますが、 ワイヤレスイヤホンモデルの、
BOSE  QC30
ワイヤレスオーバーヘッドの
BOSE QC35

はやはり食指が動きます。元々BOSEは有線のイヤホンマイク(廃盤?)やら無線のヘッドセット(廃盤)、ヘッドフォンでお世話になっていて、信頼感はありますから。ちょっと高いけど・・・。

あと、有線だけど気になるのがAudioTechnica ATH-AC9・・・。

2017/9/5 追記
beats Studio3も気になります。史上最高のノイズキャンセル性能?とか。(Wiredの記事


2017/9/8追記
次世代機 SONY WH-1000XM2が出ますね。これ、MDR-1000Xの改良型でしょうか。だとしたらレビューが楽しみです。






Tuesday, July 11, 2017

え?そんな事だったの?

ずっと悩んでおりました。
Gmailから、メールをPOPでフェッチしているのですが、数十数百のメールが溜まっているのに一回のPOP動作で数通(3〜10)しか取得できない。まあ、Googleの仕様かと諦めていたんですが、思い立って検索してみたらありました。

その1
その2
その3

 解決策は思ったよりも簡単でした。
POP側のアカウント設定で、

xxxxxx@gmail.com

となっているのを、
recent:xxxxxx@gmail.com

と、頭に"recent:"を入れるだけ・・・・これで全部まとめてフェッチしてくれるようになりました。案外簡単で拍子抜けしました。こんな事ならもっと早く調べればよかった。

余り関係ないと思うけど、念のための情報:
OS: Windows 10
メールソフト;秀丸メール

Sunday, July 2, 2017

東京都議選:自民が惨敗

自民都連5役全員辞任へ

なんか・・・間違っている。
下村都連会長は「国政の問題、国会議員の問題が大きかった」と反省しているらしいですが・・・違いますよ!。

確かに選挙直前に「このハゲー!」事件があったりと自民にマイナスのイメージの事件があったことは間違いありませんが、決定的なのは「伏魔殿」のイメージですよ。

豊洲市場問題で露わになった、歴代の都知事でもコントロールできない、都議会の「伏魔殿」のイメージ。これが決定打だった。なぜそこに触れない?。

小池氏が知事選に出馬した際には、あからさまに足を引っ張ろうとした。自民党の大臣経験者が出馬するのに、「思い通りにならない」からと別候補を擁立した。で、小池氏の圧勝。これでダークサイドが決定した。知事選に敗退したところで潔く負けを認めていればよかったのに、つまらない嫌がらせを続けた。これで、自ら「伏魔殿です」と証明してしまった。

自らの力を過信し、都民の信任を得た知事をないがしろにして、対決姿勢を見せたところで自民都連の負けは決まっていた。もちろん、「実のところどうだったのか」なんてわからない。しかし、事の経緯を見ると、「内々で、有力者同士のなあなあ、密室で」いろいろ決まっていくという、古い体質の運営が垣間見えてしまい、自民党の魅力が半減してしまったことは否めない。

で、冒頭の台詞・・・「私たちが負けたのは国のせい」・・どの口が言うのか?


Wednesday, June 21, 2017

働き方改革って、ITでしたっけ?

働き方改革、というバズワード、出てくる広告はITばかり。要するに、グループで「情報を共有」して、どこでも働けるようにする「ソリューション」です、的な。

ソリューションって・・・・"Solve"の名詞形だから・・何か「解決」してくれないと行けない。そして、「課題を解決する」ためのものだから「課題が明確」でないと行けない・・・

で、「情報共有ができてない」のが課題でしたっけ????。

 そもそもの改革の発端は「フレキシブルな働き方」で、「自宅でも勤務ができる」的なのはあくまでも、数あるフレキシビリティの「ひとつ」でしかない。で、「フレキシブルな働き方って何?」という議論がほとんどないまま、「自宅勤務」が目的になってしまっていて、「テレワークが解決です」みたいな話に飛躍してますよね?。

多分、故意に飛躍させて、大事な議論をさせないようにしている、と思われる。

その大事な議論は「雇用」ですね。仕事って、極論すると、

1.ともかく、言われた場所で言われたことをやれ(手足を動かせ)
2.ごちゃごちゃ細かい事は言わないから、結果だけ出せ

の2つあります。日本の労働法や雇用慣行は#1を想定したものです。だから、労災の認定やら過労死の問題でも、「指揮命令下にあったかどうか」が争点になりますよね。「実際にどんな仕事をしていたか」ではなく、「何時間会社にいたか」を問題にします。本来、残業や休日出勤は上司の命令によるものですが、実際には命令がなくてもあったものとみなし、「働かせた」と扱います。労働者はあくまでも「会社の命令に従って働いている(手足を動かしている)」という建前になっているわけです。これは労働者には都合のいい面もあって、「言う事さえちゃんと聞いていれば、責任は取らされない(会社全体が苦しくならない限り、クビにもならないし、賃下げもない)」という事です。手足を動かしているだけなんですから、責任問えませんよね。なので、実際には仕事がなくて暇であっても給料は貰えるわけです。

でも、テレワークって#2・・・を目指していますよね。今までは「会社にいる」事で、指揮命令下である事を確認できたんですが、テレワークすると確認ができなく(しにくく)なります。本人はいいですが、会社からすれば「指示した通りに手足を動かしているかどうかわからないのに、給料を払う」必要があり、不合理です。従業員は結果責任は取らないとすれば、「毎日努力するフリだけしていれば」給料は貰える事になります。結果が出てなくても、「勤務してますよ」というエビデンスの書類だけあればいいわけです。 それは何かヘンですよね。だって、せっかく家にいるのに、9時にPCのスイッチを入れたら業務に専念し、5時にスイッチを切ったら退勤で、その間仕事に専念・・・って、家にいるのにムリでしょ。

つまり、「結果ではなく、作業(プロセス)を管理する労働管理で、テレワークなんて向いてない」んです。「ITを使って擬似的に労務管理できます」なんて、やる意味がわかりません。「結果を管理する仕事」はつまるところ「雇用の問題」と密接に絡む、という事を全く無視して、テレワークだ、働き方改革だ、と言っても合理的なシステムなど作れない、ということです。「結果を出せなければクビ」という働き方なら、向いているわけです。例え放し飼いでも、結果だけ出してくれればよく、結果が出なければ切ればいい。会社から見れば、「プロセスが見えない」というリスクが損切りできる範囲に収まれば合理的です。労働者本人にとっても、結果さえ出せば勤務は緩いので、近所のコーヒーショップやレストランに行ったり、ジムに行ってもいい。「結果」で行動を縛るから、極端に脱線はしない・・・脱線しすぎると結果が出ずにクビになる・・・から淘汰されますから。

と、ここまで書いて、更にいろんな日本の企業文化やら何やら絡んで「根深いなぁ〜」と思っていたところで、その辺りに切り込んでいる本がありました。

橘玲著 幸福の「資本」論

出たばかりの本です。p117〜、「サラリーマンという生き方」とか参考になるでしょう。日本型雇用の問題点が書かれています。

Sunday, June 18, 2017

Ubuntu16.04で、マウスホイールのスクロール方向を逆にする

Macでは、ナチュラルスクロールにしています。で、マウスとタッチパッドを併用しています。

で、Ubuntu16.04 LTSに行った際、タッチパッドはナチュラルスクロールを選ぶことでMacと同じにできたんですが、マウスのホイールが逆さまで、しかも変更できない(みたい)。これが気に入らない。

いろいろあさって見て、うまくいったので報告。
こちらをご参考に

 まず、
$sudo apt-get install gksu
で、
$gksu gedit

と書いているんだけれど、よくわからなかったのでvi使いました。
geditでも、いい気はする(geditでは、Hiddenファイルも表示すること)。

viエディタで、".Xmodmap"というファイルをホームディレクトリに作り、その中身を

pointer = 1 2 3 5 4 6 7 8 9 10 11 12

 とする(4と5が逆なのがミソらしい)。

これでいったんログアウトしてログインしたら効いている。
ただ、最初は、タッチパッドの方が逆さになってギョっとしたが、ナチュラルスクロールの設定を外した(反対の反対ってこと?)。これで、Macと同じになった!。


Sunday, June 11, 2017

VAIO-S (2012)にUbuntuをインストール

記憶によれば、2012年に購入したSONY VAIO TYPE-S(当時はSONYだった)。通販モデルをSONYのサイトで買い、CPUなどをアップグレード。購入当時はWindows7のモデルだった。

Windows7の寿命が2020年とされていたので、これを2020年まで使うつもりだった。

ところがこれがもう遅くて使い物にならない。HDDモデルにしたのが失敗だったように思う。Windows7が起動してまともに使えるようになるまで15分から20分近くかかるのだから。デフラグやっても効果は薄く(多少はあるが)、高速化のユーティリティを入れても効果がほとんどなく、ずっとストレスだった。

この度、あまり違わない時期に買った(2013頃)Let's Noteにやっと機能を移行しました(こちらはSSDなので速いです)。 で、Windows7に別れを告げてUbuntu16.04 LTSを入れてみました。

おおおお!。快適だ。これだと全然現役で使えるやん。全くストレスがないですね・・・。

というわけで、当面おもちゃとして生き残ることになりました。Ubuntu恐るべし。

(なお、2014年に購入した低スペックのVAIO-YもWindowsを潰してXubuntuを入れてみました。こちらも快適です。)

*ただ、ドライバの関係か、5GHzのWiFiに接続できない(なので2.4GHzでつないでいる)のは気になる。と、オーディオドライバが悪いのかアナログの音声出力が悪い気がする。Bluetoothはマシだが、多分SBCでしかつながらない。DACをテストして見る予定・・・まあ、この快適さを考えれば小さい話だけども。

Sunday, May 21, 2017

誰に吹き込まれたのだろうか

安倍首相が日経ビジネスのインタビューで「生産性向上と人づくり」をやるという。まあ、それはいい。

 しかし、いただけないのは

>「製造業の有する生産性向上ノウハウをサービス業や地方の中小零細企業にも活用し、人材不足の解消などにつなげていきたい」

このくだりだ。一体誰に吹き込まれたのだろうか。

日本の大手製造業は、重層下請け構造になっていて、面倒を下請けに押しつける、という仕事になっている。自社は組み立てラインしか持たず、細かいモノは全部仕入れる、などしている会社もあるし、極端な会社では生産まで外注していたりする。責任逃れをしたいヒラメ社員が横行する大企業で、巧妙に責任を逃れられる仕組みを作って仕事をしているのが実態だ。一方で、サービスや販売は、下請けに出せず、面倒を自社で引き受けるのが前提の現場仕事だ。一体、だれがサービス業や中小企業にノウハウを伝授できるというのだ。そんな人がいたとしても、非常に限られた人材だろう事は想像に難くない。基本的には経営コンサルティングの領域だからだ。

大手企業の人間が中小に移籍すると、まず、仕組みかが未熟で属人性の強いオペレーションに驚くだろう。そして「だからダメなんだ」と合点して、改善を図ろうとするだろう。しかしである。それが上手くいかない事が多々ある。中小企業が大企業と同じ仕組みを入れると「過剰装備」になって、管理コストが膨らみ、中小企業ならではの長所である機動性を失って、失速してしまうのだ。製造業の生産性向上は「スケールする」ポイントを見つけてそれを仕組み化することで達成される。そのポイントが的外れなら、むしろ逆効果だと言う事だ。

さて、一体誰に吹き込まれたんだろうかね。それが気になる。おおかた、大企業の集まりの団体さんに聞いたんだろう。「自分たちはエリート」「中小は単なる下請けで、オレらの言いなりで部品作ってるだけ」という「大企業の奢り」を感じるもの。実際のところ、下請けなどの会社に失敗や判断ミスの尻ぬぐいまでしてもらっているケースが結構あるだろうに、見えないというのは恐ろしいなぁ。