Labels

hotel (64) android (47) mac (46) ubuntu (27) English (8) travel (6)

Thursday, December 23, 2010

スマートフォン

昨今、アップルのiPhone真っ盛りである。周囲もみんなiPhoneだ。正直ちょっぴりうらやましい。ところが、私ときたら同僚のお古のスマートフォンだ。ウィルコム Hybrid W-Zero3。Windows Mobile6.5搭載のWindows機だ(購入時は3G回線はFOMAだったので、FOMA版よ)。

正直言って評判も悪い。何しろiPhoneユーザの同僚が、「これは使えない」と投げ出した代物だ。実際最初はそう思った。しかし、だんだんコツを掴んだのか慣れてきて、最近は「割り切って使えば結構いいじゃん?」と思っていたりする。

使うのは主にGoogleに入っているメールやスケジュールの参照だ。カメラ機能もちょっと使っている。撮影した書類やホワイトボードをPDFにしたりしてなかなか便利だし、思ったより画像も悪くない。そして、よいのはこれ自身がモデムになってパソコンのインターネット接続(FOMA 3G回線)も出来てしまう事だ。確かにインターフェースは直感的ではない上に、重くてとてもサクサク軽快、とは行かないが、今までスマートフォンを使ったことがない私にはどうやら十分だ。欠点は電池が一日持たないこと。

悪くないマシンだと思うので、ウィルコムさんにはぜひ次世代機を期待したい。もうちょっとサクサクと軽快に動くよう、全般的にハードスペックをアップしていただき、ついでにバッテリー(の持ち)を改善。いまいち反応が鈍いタッチパネルも改善。カメラは今のままでも悪くないがせっかくだから少しランクアップ。ホワイトボードや書類を撮影する専用モードがあるといいな。そして、「なんちゃってiPhone」「なんちゃってAndroid」風のスキンを選べるようになってればい尚良し。OSはWindows Phone 7で。いかがでしょう。こんなんだったら欲しいな!。

Wednesday, December 8, 2010

ホテルグランヴィア広島

ホテルグランヴィア広島

広島駅北口に隣接してたつ大型都市ホテル。いつも利用するホテルより格上なのでさすがにいいですね。新幹線ホームのすぐそばなので、広島起点で新幹線で移動する場合には特に便利です。ただ、賑やかな繁華街は駅の反対側。自由通路があるとは言え、北口は正直ちょっと寂しいかな。南口の駅ビル二階のレストラン街には広島風お好み焼きの大衆的な店が4~5軒も入ってて、手軽に広島風お好み焼きを楽しめます。

広島の市街地は駅の反対側南口から市電で10~15分いった所にありますので、市内に用があってしばらく滞在するなら南口か、市内のホテルの方がいいかも。

★★★★

Monday, November 29, 2010

おいおい大丈夫か?

文部科学省が教員免許に「修士」を要件とすることを検討しているらしい(記事)。

そんなもんいるわけないだろ!(怒)

お勉強ができる事と、教えること、或いは集団を統率する能力は全く異なる。その中の「お勉強」の要素だけ取り出して評価すると、他の能力要素が低下するのではないか?今の教育現場で足りないのは教員の教科理解のレベルなのか?「お勉強」がデキル人が学級崩壊を止められるんですかね?
ボーイスカウト(ガールスカウト)のリーダーをX年以上やった経験、あるいはスポーツクラブや学習塾でアルバイト講師の経験があり、経営者や所属上の推薦状がある者、などにした方がよほどいいのではないか。或いは民間企業の出身で、上司の推薦のある者、などの方が、いい人材が集まるんじゃないですかね?

会社でもそうね。偏差値の高い大学卒が活躍しているのは、コンサルタント業や専門職、エンジニアで,確かに優秀。だけど営業になると、かなり崩れてくる。人を相手にする商売は、学歴の要素が薄いんじゃないか。優秀な大学を出ているし本人も自信があるが、さっぱり売れない、という営業マンはたくさんいる。教員も人を相手にする本来泥臭い仕事な訳で、「頭の良さ」「お勉強の成績」でハードルを上げるのはいかがなものでしょう。

今や高卒者の半分が大学に進学する時代なので、大卒のレベルが下がっているのは間違いないが、だからと言って「院卒」を要件にする必要はなかろう。教員採用試験を難しくすればイイだけだ。

勘ぐってしまうと、「難化させたくないが、ハードルは上げたい」のではないか。専門の大学院を出てしまうと、教員以外の職には却って就きにくくなるので、本当に志望する人しか免許を取ろうと思わない。最近話題にならないが、以前、某県で教員のコネ採用が明らかになってテレビで話題になった。「日本中どこでも行われている」とも。合わせて考えると、専門大学の院卒を要件にすれば、より、教員や有力者の子弟が教職に就きやすくなる、だろうと想像できる。フツーの人はそもそも目指さなくなり、「受かるぞ」という半ば確信がないと進学するメリットがなくなるから、コネでもないと受ける動機がなくなってしまう。
ただの勘ぐりだが。

Sunday, November 21, 2010

就活が厳しいらしい

新聞などの報道によると、来年度大卒の就職が決まらず、内定率は史上最低らしい。一方で、別の報道では、日本企業が優秀な人材を求めて中国でリクルート活動を行って人を採用している。優秀な人材の宝庫で、予定数以上を採用しているらしい。

考えてみれば当たり前のことで、大学3年まで目的意識もなく、ロクに勉強してない、キツイ仕事はやりたくないという安定志向の日本の大学生など価値がないに決まっているじゃないか。ストレートに金儲けしたい、と欲望を持ち、そのためなら下積みでもキツイ仕事も厭わない中国人学生の方が魅力的に見えるに決まっているじゃないか。

読売新聞の大手小町のサイトなどを見ても、「労働者」vs「経営側」はいつも、サビ残や休日出勤を巡って大激論だ。労働者側の論理は労働法的には正しいが、労働法的に正しい「だけ」の労働者に職はない、という事だ。私は、日本の過度に労働者に甘すぎる労働法が、温室・無菌室として働き、逆に労働者が世界の他の国で通用しないヤワなビジネスマンになる事を助長した、と考えている。

労働法は、目先の雇用や労働条件などは守ってくれるが、「国際的に見て豊かな生活水準」を保証はしてくれない。豊かになる事さえ保証してくれない。豊かな生活を保障するのは自分のビジネス能力しかないのだが、多くの労働者は「まず会社に生活を守ってもらおう」とするのだ。そして、今、その思想で育った子供達が、海外の労働者との競争で苦戦しつつある。

ジョブカードだの雇用助成だのやってもあまり効かない。「欲しい人材」がいないんだから。

Thursday, November 18, 2010

ホテルコムズ大津

ホテルコムズ大津

紅葉の観光シーズンだから(?)、京都のホテルが満杯で、大津に宿を取りました。京都駅からは2駅9分ですから、アクセスは悪くありません。今回は琵琶湖を望む側の部屋だったので、夜景がキレイだったのと、朝の琵琶湖もなかなかよかったなぁ、というのが感想です。

大津駅南口直結というロケーションはなかなかよくて、特に京都のホテルの代替として使う場合に威力を発揮。

部屋は広くて清潔。机も広めでマル。よくあるお茶セット(ポットやコップ)が部屋に備わっていない代わりに、フロントでコーヒーやペットボトルを無料で配っています。お茶セット使わない私にしてみると、かえって机が広く使えてよろしいです。コンビニがなくて、駅の反対側(地下通路アリ)に行く必要があるので、それはちょっと不便かも。距離的にはそんな遠くないんだけどね。

★★★

チェックアウト10時はちょっと早いかなぁ・・・。

Wednesday, November 10, 2010

なぜみんな携帯電話に凝るんだろう?

残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法

を読んでから、「伽藍とバザール」「政治空間と貨幣空間」について考えていて、ふっと、なぜお金がない人の方が携帯電話に凝るのか、政治空間と貨幣空間の考え方を使って理解できた気がします。

私の身の回りの人を見てて疑問に思う事の一つに、「大した給料じゃないはずなのに、なんで高価な携帯電話を次々買い換えるんだろう?」というのがあります。どうでメインは電話とメールなので、例えばみんなでPHSにすれば大幅に安くできて家計も助かるはずです。なのに、なぜか最新機種にどんどん乗り換える。お金持ちの方がかえって古い機種を長いこと使ってる。(デジモノが好きで買っている人除く)

で、「なるほど」と思ったことが、「携帯電話は政治空間を作る(或いは維持する)道具だ」という事です。地方から上京して、故郷の知り合いが身近にいない私の人間関係は家族を除けば基本的に「貨幣空間」です。携帯電話はビジネスの道具に過ぎません。必要なスペックを満たしていればいい。

でも、政治空間に生きている人にとって、携帯は「ともだち」との「つながり」を維持する大切な道具なんです。だからお金を掛ける。本には「木更津キャッツアイ」の例が出ていました。時間と空間を共有しないと政治空間は維持できないんだと。しかし都会で働いている多くの人は、あんな風に「溜まる」ような生活は難しく、その代替として時間と空間を仮想的に共有する手段として携帯があるんだな、と。しかも、その象徴(記号)に、「最新型は自慢できる」というオマケ付き。「どうだー」と自慢できる。自慢が受け容れられるためには、「それ欲しい」という消費の価値観が共有できてないといけない。携帯は、みんな「最新が欲しい」デジモノで、常に携帯しているので(当たり前か)、その点でも見栄張りアイテムとして優れてるんだろうな。女性のブランドバッグと同じ。

私みたいに地方から上京し、つながりが切れてしまった人は別にして、元々関東圏に住んでいて、友人達の大半が簡単に集まれる環境にいれば、やはり「つながり」が大切なんだろうなぁ、と思います。

なんだか、納得できた気がします。

Monday, October 25, 2010

子供のゲームと携帯

何を隠そう(隠すほどの内容でもないが)、我が家のゲーム機(Nintendo-DS)は「親の所有物」で子供には与えていない。子供はゲームソフトは持っているが、遊びたい場合は親の許可が必要なのだ。何しろゲーム機のオーナーは親なのだから。

これは現時点では良かったのではないか、と思う。ゲームはリビングでしかできないし、保管場所もリビングで、子供部屋には持って行けないので、目が届く。隠れて出来ないので、「時間制限」「ゲーム禁止令(笑)」にも強制力がきく。一方で、ゲームができない訳ではないので、「クラスメートで自分だけできない」というフラストレーションも薄い(だいたい小学生ならどこの家庭でも時間制限くらいはある)。

同じような理由で携帯も子供に「貸与」している。通塾などで一応必要だという判断で携帯を渡しているのだが、第三者に電話できないプランで、Webやメールその他「不必要な」機能は全部ロックしてある。これも「貸与している」という建前があるので、「あれもやりたい、これもしてみたい」を却下する強制力が働くのだ。

同じように携帯やゲーム機を「子供に与える」にしても、ちゃんと「ガバナンスが効く」という事を踏まえて、「所有者は親である」という事を明確にすれば、暴走しにくいのではないか、と思える。中学、高校と上がると裁量権を求めてバトルが繰り広げられるのだろうが、オーナーの立場は強い。ただ、だからといって何でもこの調子では子供も学ばないので、携帯とゲーム機以外はちゃんとオーナーシップ含めて子供のモノになっている。

ちなみに、携帯はPHSにしている。携帯の電波はかなり強力だと思われるが、PHSはその点で弱電磁波なので「マシ」であると想定しているから。考えてみれば、人間の脳・神経回路は微弱な「電気信号」を使って情報処理するアナログコンピュータであり、電磁波の影響を受けやすいと考えられるからだ。短時間の連絡用なら、まぁ、大丈夫なのだろうが、いずれ長電話もするようになるだろうし。
また、「刷り込み」をしたいという思いもある。今の若い人は成人した頃には既に携帯があったので、最初からWeb当たり前で、携帯端末として使う事に何の抵抗もない。でも、携帯電話は「通話とメールが基本なのだ」と子供に刷り込みたいと思うのだ。別に大人になってからWeb系のサービスを便利さ故に使うのはいいのだが、「無意識に依存する」のではなく、「ちゃんとわかって使って」欲しいから。

私は個人的に元々コンピュータエンジニアだったし、IT経営のコンサルタントもしていた。DOS/Vなんて時代にはパソコンオタク(あまりスゴイレベルではないが)でもあったし、今でもLinuxをはじめ最新のオープンソースを自分で試したり、或いはそれでメシも食っている。ITには普通の人よりは知見もあるつもりだ。

でも、というか、だから、というか、小学生(中学生にも)にITは不要だという考え方なのだ。極論すれば「アナログの厚みに支えられているからこそデジタルに価値がある」と考えているのだ。つまり、小学生には「アナログを厚くする」事にフォーカスして欲しいのだ。会社置いても同じだ。ITが利益を生むのではない。アナログ資産を「デジタルで交通整理」するから利益が出る仕組みを作れる。つまり「アナログ系の厚みがないとITを入れてもダメ」なのだ。話はITだけに止まらない。今流行の「ロジカルシンキング」系も同じだ。アナログの厚みに裏打ちされないロジカルシンキングに価値はない。膨大なアナログ資産を整理した知見にするのにロジカルシンキングは有用だが、アナログ資産がないと何も整理できない。薄っぺらな論理になるだけだ(話が飛躍してしまった・・)。

というわけで、子供達には、高校に上がる頃までデジタル系は遠ざけておこうと思うのだ。

Sunday, October 17, 2010

「法人税を納めていない企業が多い」

海江田万里経済産業大臣の言葉。

ちょっと待って、「なぜそうなるのか」考えてないのかな。法人税を払うのが合理的ではないから、でしょう。そこをわからないと、有効に徴税する方に向かないのではないかと思います。政策は「より有効に税を徴収する」のが目的であって「法人税を増やす」のが目的ではないはずですから。

赤字企業の大半は、非上場の同族会社でしょう(推測)。上場企業では経営者は黒字化しないとクビなので黒字化に奔走します。しかし、非上場の同族企業は、経営者は自らオーナーであるから、収益を「役員報酬として受け取るか」「配当として受け取るか」の違いに過ぎないので、税金が安くなるように最適化した結果、法人としては赤字化して、個人として役員報酬として受け取る道を選んでいるに過ぎないでしょう。経営実態としては個人事業主に近いが、一応法人であり、制約はあるものの事実上税を選択できるからです。配当や役員賞与は税金上「損金」にならないので、法人税を課税され、更に受け取った配当に所得税(配当に対する所得税)が課税されるのですから、儲けると罰金が科せられるような仕組みになっているから、余程個人としての所得が多くないと配当するメリットがありません。

黒字法人を増やしたいなら、「儲け」の部分を、

役員報酬に対する所得税 > 法人税(地方税も) + 配当に対する所得税

にすればいいのですから、

1)法人税(地方税含む実効)を25%とか20%して、法人税課税後の配当には所得税を課税しない

とすれば間違いなく黒字企業が増えますって。こうすれば、本当に儲かってない企業が赤字で、儲かるようになれば黒字経営になります。なぜなら、ほとんどのオーナー経営者には、生活するのに必要な分を役員報酬として設定し、それを超える「儲け」の部分を配当にしようという力学が生まれます。また、儲かっている個人事業主が法人化を行います。もちろん、その方が税金が安いからです。

事業を維持運営するには、サラリーマンでは想像も付かない、大変な労力とリスク負担が必要です。その結果、やっとでた儲けの多くを、サラリーマンよりも多い割合で国が召し上げるのでは、努力のしがいがないというモノです。利益を出すのが一種の懲罰になっているから、赤字法人ばかりになってしまうんです。利益を出せば得するようにすれば、利益は出てくる。

そして、その副次効果として期待できるのが「企業としてちゃんと経営されるようになる」と言うことです。オーナーの懐を考えて節税のために赤字にするのではなく、企業として黒字を出せば得するのですから、もちろん企業として経営されるようになる事が期待できます。結構優れた産業振興策だと思われます。

そこを考慮いただきたいですね。

Monday, October 11, 2010

自宅にいながらお金持ちになる方法

自宅にいながらお金持ちになる方法 (マイケル・ルボーフ著)

ちょうど起業して会社始めた頃お世話になった本です。同じ著者の、
一生お金に困らない人のシンプルな法則

もいいですね。人によって起業する動機は様々だと思いますが、満たさなければならないボトムラインってのはあります。そこは押さえておかないと。そういう事を考えるきっかけになりました。

ハーバードでは教えない実践経営学

ハーバードでは教えない実践経営学

世界的なスポーツ・エージェント会社IMGの創立者であるマーク・マコーマックの著書。同じ著者の、
OK!あなたから買おう
OK!を必ずもらう交渉術

など数冊持っています。商売ってなんだろう。営業ってなんだろう。示唆に富む本で多くを学ぶことがデキルと思います。

Saturday, October 9, 2010

お金の雨を降らせ

お金の雨をふらせ!
目指せレインメーカー


最近、営業関係の本を読むことが多いです。まぁ、「お客様のため」「顧客第一主義」といいつつ、実際に「顧客のためってどういうことだ?」「顧客を第一にするってどういうことだ?」と考え始めると難しいところがある。ここをすっきり理解するのになかなかいい本だと思います。

Tuesday, September 28, 2010

残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法

残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法

この著者、橘玲という人は、一体何者だろう。マネー・リテラシーを高めて資産防衛するとか、そういう本は世の中に多々あるし、彼の著書でももちろんそういう本もあるのだが、そういう技術的なものを超えて、国家とは何か、とか、ヒトとは何か、みたいな視座を持ちつつ展開されるのが非常におもしろい。
マネーの技術論ではなく、本質論から迫ってくる。しかもわかりやすい。

>伽藍を捨ててバザールに向かえ
>恐竜の尻尾の中に頭を探せ

メッセージは明快だ。しかし、実はこの2つを行うには、大きな課題がある。これはサラリーマンのままではできないのだ。従ってフリーエージェントになるか、マイクロ法人でともかく「自分で商売をやる」という事になるが、著書の「貧乏はお金持ち」でも触れられているが、そこに踏み出すヒトは少ない(紹介されている例では、皆無だった)。

実際の所、私の体験で考えても、ほとんどのヒトは「給料が良くて、やりがいがある仕事を会社から与えてもらう」事を心待ちにしており、しかも「自分は頑張っているんだからその資格がある」と心のどこかで思っているのだ。そして、「成果」を出した自分のがんばりに会社は応えるべきで、義務と責任がある、と考えている。「そう思いたい」のかも知れない。実際に独立して達成したい何かがあるわけでもないし、金持ちではないが毎月給料が出る生活を捨てる勇気もない。だから「サラリーマンのまま報われたい」「報われるべきだ」と。

サラリーマンの身分、というトラップから抜けないとバザールにも行けないし、恐竜の尻尾を探している時間もない、という事だ。

なお、この本には臨死体験のような事象が科学的に説明できる、と書いてある。(一応心理学を専攻し、脳の構造もさわりだけは習った身としては)まぁ、そうなんだろうな、と思いつつ、でも、実際に体験した者としては、それじゃ寂しいな、と思ってしまったりする。ま、そこは柔軟に行きますか。

ソラリア西鉄ホテル

ソラリア西鉄ホテル

福岡の中心地天神の更に中心にあるホテル。西鉄のターミナル・ビルにある。ビジネスホテルと言うよりも、シティホテルで部屋も立派で広く水準も高い。デスクも立派で広いので良いですね。昨日の名鉄グランドといい、アタリ続きです。

交通の便は文句ないし、中心地と言うことでなんでもあります。食事するところもたくさんあるしね。常宿にしたいけどお値段はちょっと御高め・・・

★★★★

Monday, September 27, 2010

名鉄グランドホテル

名鉄グランドホテル

出張は多いのであるが、今の仕事で名古屋に泊まるのは実は初めてだ。今回も次の目的地である大阪に泊まる手もあったが、せっかくなので名古屋に。で、初めての名古屋ナイト?を飾るのに選んだのがこのホテルだ。名古屋駅は桜通口と太閤口があるが、今回は桜通側を選んだ。
利便性はなかなかだ。ただJRは中央口からは遠い気がする(出口を選べば大丈夫)。名鉄百貨店と一体なので、買い物は便利(一応、文具や本屋もある。本屋は紀伊國屋でなかなか良かったが文具は見れなかった)。一階には三菱東京UFJと三井住友銀行がある。ただ、コンビニは信号を渡っていくのでちょっと面倒。食事環境は・・・イマイチかな。少し歩けばいろいろあるのかも知れないけど。
部屋はいい。文句なしにイイ水準だ。デスクも悪くない。テーブルと肘掛け椅子があるのもイイ。インテリアも調和が取れていて落ち着きがあり、イイ水準だ。いきなりこれは常宿候補だろうか。

もっともまた泊まる機会があったらだけど。

★★★★

Friday, September 24, 2010

発見したこと

東京や横浜でいろんな文房具屋さんでペンを見ました。最近パイロットのペンを見ていることもあるんですが、やはり品揃えが・・。どこも「これはあるけど、あれはない」という事でなかなかまとめて見れるところがありません。
ところが先日、出張先の大阪で思いかけずパイロットのペンのほぼフルラインの品揃えを目にしまし、感動しましたので、ここに紹介します。そこは紀伊國屋書店梅田本店です。改装したばかりでキレイな店内ですが、何よりパイロットのふみ楽からスタンザまでほぼフルラインで置いてあります。いいですね。(2本ばかり購入させていただきました。)

Saturday, September 18, 2010

ビジネスマンよ、プチ贅沢しよう

世の中、「プチ贅沢」が流行っているらしい。コンビニのお菓子などの話だけれども。ビジネスマンで贅沢と言えば、スーツやネクタイ、時計になるんだけど、最も身近なプチ贅沢な道具は「ペン」ではなかろうか。スーツや靴は値段帯は青天井。時計だって高級品は10万円はするだろう。でも、ペンなら1万円あれば大いばりの高級品が買えるじゃないか。

ここに提唱します。
「ビジネスマンよ、ちょっといいペンを持とう!」

もちろんモンブランとなると3万円コースですが、そんなに出さなくても大丈夫。例えば、3000円~5000円のモデルでも100円のものとは書き心地が全く違う。1万円も出せばたいていのブランドの中級クラスが手に入る。コストパフォーマンス、いいでしょう?

ちょっといいペン持ってプチ贅沢を味わおう!、なんてね。

ペン

以前のエントリでも少し触れましたが、最近少しペンに凝っております。

今はパイロットウォーターマンのものを中心に集めて(収集でもないけど)います。そんなペン達についてコメントします(なお全部油性ボールペンです)。

ウォーターマンの筆頭格はエキスパートです。ウォーターマンのペンは全体的にパイロットよりも柔らかい書き味ですが、これは太さとイイ、カーブとイイ、重さとイイ、文句のつけようのないバランスですね。そして、カレン・デラックスです。エキスパートよりは若干重めですが、やはりいい。そしてレイディアンスのゴールデンですね。ちょっと好みよりも小ぶりではあるんですが、キンピカなモデルでこれはこれでいい。

パイロットで、書き味だけで言えば、グランスNCですか。地味ーなデザインなので認めたくないんですが、重さなどのバランスが絶妙で書き味にも高級感があります。持った感覚という意味ではふみ楽の南部鉄も外せないです。普通のふみ楽にも新色のパール系と和色が売り物の系がありますが、両方持っていますが個人的には和色系がいいです。持ったグリップ感がいいんですね。
太軸が好きな人はスタンザですね。私が持っているのはセラミックモデルですが、木軸のモデルも欲しいと思っていますが、なかなか置いてる店がないね。持ち歩きモデルはキャップレスですが、これは前回紹介しましたね。

まだいくつか注文中ですけど、こんな事ばかりもやってられないので、一応充足してきたことだし、ここらで一旦収集止めようかな、と思っています。

最後に、「こんなの欲しいな」を書いておきます。リンクは近いモデル。
1. パイロット ふみ楽 のパール系のブルー
現行モデルで一番近いのはパールバイオレットですが、「むらさき」なので、もっと青い色のモデル。スタンザのロイヤルブルーが近いかな。

2. パイロット Timeline フューチャーのブルー
現行モデルは一応ブルーを名乗っていますが、これも店頭で実物を見ると「むらさき」感がします。ブルーがあるといいな。また同じTimelineのパスト(ディープレッド)ですが、真っ黒すぎな感じがします。

3. パイロット クアトロ89のボールペン
このモデルは万年筆ですが、店頭で見たところとてもいいので、ボールペンもあるといいな。スタンザのディープレッドが近いんでしょうが、こちらは店頭でも余り見かけないので・・・。

4. パイロット Stanzaのパールレッド
Stanzaはブラック、ロイヤルブルーと各々のインクを入れて、赤・・・となるとオレンジかピンク系のいろになります。ふみ楽のパールレッドが美しい赤なので、ぜひこの色を実現して欲しい。


5. パイロット Caplessのレッドとブルー
これもレッドはふみ楽のパールレッド、ブルーはStanzaのロイヤルブルーのような感じのものがあるといいなぁ、と。





まぁ、戯れ言で・・・

臨死体験のメモ

Wikipediaによると、臨死体験

1. 死の宣告が聞こえる
2. 心の安らぎと静けさ
3. 耳障りな音
4. 暗いトンネル
5. 物理的肉体を離れる
6. 他者との出会い
7. 光の生命
8. 境界あるいは限界
9. 蘇生

の9つの段階があるらしい。私自身の体験としては、もう20年も前の話ですが、割とちゃんと覚えています。こんな感じ。
1. 死の宣告が聞こえる => 宣告ではなく自覚だった
2. 心の安らぎと静けさ => ぼーっとしていたような気もするが、確かに不安はなく、淡々とした感じ?
3. 耳障りな音 => これはなかった
4. 暗いトンネル => これもなかった(一瞬はあったかも・・)
5. 物理的肉体を離れる => 浮遊して上昇。聴覚は効いてないけど、視覚はある。最初は天井の仏画を見て、その後離脱、周りの人(数名)が集まってくるのが見え、視野を上に変え上昇。その次にライフレビューで、そして空間を雲の方(もちろん見えている)に向かって(ふわふわと)上昇って感じだったかな。
6. 他者との出会い => 他人にあった記憶はない
7. 光の生命 => 上昇した先に雲が垂れ込めており(天井)、一部が光り輝いており、そこに向かった。wikipediaによると日本人は「ただの光」と認識するらしいが、私はそこは「目的地」だと認識していて、何かすばらしいことが起こる予感で「いよいよ!」という感じがしてた。
なお、ライフレビューはあった。赤い房の付いたフレームの中にそれまでの人生映像が流れていた。
それを淡々と見ている感じがあった。感情の動きはなかったと思う。「淡々と」眺める感じ。
8. 境界あるいは限界 => 雲が境界だったと認識している
9. 蘇生 => 「もうちょっとで光に届く」という所で、後ろにぐっと引き戻される感覚の直後目が覚める
「何かいいことが起こる」みたいな感じがあったので、光に届きたい、という欲求もあり、従って引き戻されたと時は、「ええー?何で-?」って感じだった。特に「まだおまえの来るところではない」と言われた訳ではないと思うのだが・・・

という感じですか。残念ながら(?)、境界で引き返して目が覚めたので、「その先」には行ってません。心肺停止した訳じゃなくて、高山病で息が切れ切れだっただけで死んだ訳じゃなかったからかな。周囲の人(多くの旅行者が相部屋になる形式(ドミトリー)でした)は、「やばいぞ、こいつは」とか話してたらしいですが。熱海の捜査官に出てきた少女達は病室で「キレイだったね」とか言ってたので、「その先」に行ってみたのでしょうか。

以前、タクシーに乗ったら唐突に運転手さんに「死後の世界って信じますか?」と聞かれて驚いた事がある。なんだかオーラがあって、それで確信したので聞いたそうだ。つい上の臨死体験(もどきかも知れないが)の話をして、「雲の向こうは何だったんでしょうねぇ?」と何気なく聞いたら「その雲の先は、すばらしい世界なんですよ」と言ってた。どんな世界なんだぁ・・・・。ちなみに運転手さんは「もどき」ではないと太鼓判を押してくれました。

ちなみにWikipediaには、臨死体験者に起こる(心理的)変化についても書かれている。これにはかなり同意できる。うーん、不思議やなぁ。

なお、血中の二酸化炭素濃度が高いと臨死体験を得やすいという説もある。

熱海の捜査官:続編予想

数年後。

星崎捜査官は一旦失踪するが一週間後発見され復職する。ただ失踪の記憶はなくなっている。そこに事件(例えば、少女達が大量失踪する、ような事件)があり、星崎と北島は再び南熱海に。(星崎捜査官を失踪させたまま、という展開も考えられるが、星崎がいないと場を作れないだろう)

手がかりを探る星崎と北島。永遠の森学園の校長は敷島になっている。表向きは従来通りのキリスト教系(?)の学校だが、内情は「宗教」の学校に変わっていた。生還した三少女は学園でも特別な存在となっていた。学校は数学の授業を重視し、また、その「宗教」は幹部だけが受けられる特別な儀式があった(後で、それが逃げた風宮が「人工臨死体験」を施術する儀式だとわかる)。

二人と南熱海警察署は「学園」が事件の中心にいると睨んで捜査を進め、ついに学園が大量失踪事件(?)の中心にいることをつかむ。そして、学園は解体され、宗教も(少なくとも表面上は)消える。

事件としてはこうなのだが、結論はいくつか考えられる。基本的に、事件が解決したタイミングで星崎捜査官は前回の事件で「ラインを超えた」事を思い出し、導きを行う者に会うのだろう。それは東雲かも知れないし、昔の恋人かも知れない。そして、再び生還する・・・もしくは旅立っていく。
学園は敷島が去って元のキリスト教系の学校に戻り、三人の少女はバラバラになるが、三人は密かに連絡を取り合うことを誓う。

当たるも八卦当たらぬも八卦。

ちなみに「2」は、「結局、数学的に世界を分析すると2つになり。それは現世と来世」のようなものだろう。もしくは「あらゆるものは2つに分類される」ような普遍的な原理なのか。物語の中の南熱海市には、単純な善(風宮の自然保護団体)と悪(やくざ)が人工的に用意されており、バランスを取るようになっているし、「バランス」をほのめかすような台詞も多い。また「2」は"to"であり、「来世に行く」という意味もあるかも知れない。

敷島先生は「教祖」ではあるが、実際の臨死体験は持っておらず、臨死体験のある4人の少女の方が宗教上は立場が上なのかも知れない。最終回、宗教は敷島の指令で「ステージ2」に移行した。この「ステージ2」は「集団自殺」のようなものか「集団臨死体験」のようなものだと考えている。なので、「少女大量失踪」という事件を想定した。臨死体験の場合、もしかしたら、風宮の元同僚である萩尾医師が、蘇生の状況から風宮の関与を確信して「人工臨死」の全貌が明かされることになるのかも知れない。また、集団自殺なら彼女の蘇生技術のおかげで多くの命が救われる一方で、多くの臨死体験者が生まれ、"宗教"がより強化される、という可能性もある。
しかし、いずれにしても、宗教的な内容の詳細については謎のまま残るだろうな。

Friday, September 17, 2010

熱海の捜査官:了

熱海の捜査官

個人的にはおもしろかったけど・・・。これ、多くの人にはおもしろくないんじゃないか、とは思います。臨死体験や死後の世界。オカルトチックな話題が、ちょっとスパイスとして出てくる分には抵抗なくても、話の確信がココだと・・・・。

謎は残ります。結局「2」って何だったのか。市長はどこまで知っていたのか。
そして、3人の少女はどうなるのか、脱出を試みる風宮は脱出して何をするのか、そして、敷島先生は宗教を使って何をしようとしているのか、など謎は残ります。でも、この続編をやっても、視聴率は低いだろうなぁ・・・。個人的には脱力系のドラマでいいですどね。

何話か前から、星崎捜査官(オダギリジョー)は、ツインピークスのクーパー捜査官みたいだな、と感じていましたが、そう思う人は多いらしくて、検索すると同様な指摘が多数ありました。

Thursday, September 16, 2010

北朝鮮にステルス機

笑える。

北朝鮮の飛行機と同じ事をするのに何百億円も掛けてF22を開発したの?最初から木と紙でつくればよかったんじゃないの?今時ならプラスチックやファイバー、セラミックもあるし・・・
------------------------------------------------------------------------------
北朝鮮に木製「ステルス機」 レーダー感知せず、米が警告


2010年9月17日 12時33分

 【ワシントン共同】グレグソン米国防次官補(アジア・太平洋安全保障問題担当)は16日の上院軍事委員会に提出した書面証言で、北朝鮮のプロペラ機がレーダーに感知されない「ステルス機能」を持つと明かした。

 米空軍のF22戦闘機などが最新鋭技術で実現するステルス機能だが、北朝鮮の「AN2コルト機」は「ほとんどが布と木でできているためレーダーが映し出さない」という。第2次大戦後に旧ソ連で開発された機種とみられる。

 グレグソン氏は米韓同盟は通常兵器の能力で優位に立つものの、北朝鮮がこうした攻撃能力で対抗し脅威を増していると指摘。「AN2コルト機は侵攻や潜入作戦の際に識別が難しい」とし「10万人の特殊部隊と組み合わせた場合、大きな潜在能力を持つ」と警告した。

Sunday, September 12, 2010

あなたは常識に洗脳されている

苫米地英人さんの著書「あなたは常識に洗脳されている」という本を入手しました。脳科学者という事で、書かれているエッセンスには、「そうかもしれないなぁ」と思うところもあります(小生も学生時代に認知心理学を学んだので、特に脳の働きについての記述は荒唐無稽でない、という事は理解できます)。
国際政治に関しては「こんな事かいて大丈夫?」というくらい過激ですが・・・。

Friday, September 10, 2010

Windows7でバックアップ

以前はWindowsXPを使っており、バックアップツールを使って差分バックアップを週に一回取得するのを習慣にしていました。一時Vistaを使い、バックアップ機能があったのですが、システムバックアップなので私の要望に合いませんでした。個人的にはデータだけバックアップと取れれば良く、プログラム何ざ再インストールできりゃいいや、くらいの感じだからです。

Windows7は発売日に購入しました。で、しばらくイイバックアップツールないかなぁ、と物色しましたがいっこうに7対応が出てきません。で、ちょっと調べてみると7のバックアップは結構使える、と書いてある。

で、やってみることにしました。「コントロールパネル」から「システムとセキュリティ」、「バックアップの作成」と進みます。で・・・おお、ちゃんとバックアップフォルダの指定がデキルでない?。で、現在バックアップ中。とりあえずフルバックアップなのですが、これ差分(インクリメンタル)バックアップできるのかいな?とりあえず気になります。

スゴイ100円と100円からの脱出

・スゴイ100円

"100円ノート「超」メモ術"という本があります。

これ、スゴイです。今までいろんな情報整理方法を試しましたがしっくり来なかったのですが、このノート術で情報整理の仕方が変わりました。ポイントは、

1) 全部を1冊に書く
2) 見開き2ページを基本の「粒」にする
3) さっと開き易いように、切れ込みを入れる
4) さっと開けるように、インデックスをつける
5) とりあえず、オキニのボールペン(単色、ノック式)で何でもそれで書く
 (多色ボールペンはダメ。ただし、後で情報整理をする際には多色ボールペンを使う)

です。これで重いファイルを持ち歩くともなくなり、あちこちに書いたメモがごちゃごちゃになる事もなくなりました。今までもメモをクリアファイルに入れるなど整理してたつもりですが、やりきれなかったんですね。

私が本の推奨と違うのは、a) ノートがB5 (推奨はA5)、b) ボールペンがブルー(推奨というわけではないが一般的にはブラック) ですが、まぁ支障はありません。

これが、「スゴイ100円」です。ただノートは丸善のB5ノートで100円では買えませんが・・・。

・100円からの脱出

で、ノートは100円で行くわけですが、その代わりボールペンは100円ボールペンでは不満が出てきました。で、いろいろ考えたんですが・・・条件としては、

1) 持って歩くのに適する(大きすぎない)
2) なくしても悔しくない(高価すぎない)
3) とはいえ、ビジネスのツールにふさわしい雰囲気は欲しい
4) ノートの趣旨に合わせ、メモ用のボールペンは「さっと出してすぐ書ける」タイプ
5) 追記用の多色ボールペンは色の多さと書きやすさの両立

で、今のお気に入りは、


単色ボールペン:パイロット キャップレス
多色ボールペン:パイロット エグゼクト4C

ですね。以前大事にしていたボールペンを無くしてしまい、悔しい思いをしたのであまり高価なモデルは持って歩きたくないです。で、実用モデルとなるわけですが、キャップレスは、いいです。細身で小さく鞄に入れるサイズです。2500円ほどで買えるモデルですが、造りがしっかりしてて、塗装もよく、特にブラックカラーはいいです。ノック式で、さっと出して書ける感じもいいし、書き味もよく、お得ですね。これにブルーインクを入れて使ってます。
エグゼクトは、追記するのに使います。シャーペンは使わないのでこれにしました。エグゼクトの主流は3C+1で、三色+シャーペン、です。が、これだと、ブラックはあまり使わないし、ブルーがかぶるので、実質赤ペンになってしまいます。グリーンもあるので4Cの方がいいかな、と。

ちなみに、パイロット以外ではウォーターマンのボールペンを愛用しています(4本持ってて、うち3本は気に入ってます)。書き味はウォーターマンの方が好みですが、なくすのは嫌なので家で使ってます。パイロットもキャップレスはいいのですが、それ以外で何本かありますが、まだ「これは!」というのが手に入っていません。「ふみ楽」がかなりイケてると思いますが、後は好みのカラーが待ち(勝手に待っているだけ)です。


Thursday, September 9, 2010

サラリーマン再起動

高名な経営コンサルタントである大前研一氏の著書に「サラリーマン再起動マニュアル」というのがあります。中身は読んでないのですが(私サラリーマンじゃないですから)、このタイトルを「おもしろいなぁ」と感じたので書きます。

この本を書店に並べて手にとってもらうためには、ターゲット読者が一瞥した瞬間に「おっ?何だ?」と思わせなければなりません。これは「多くの人」が自らを「サラリーマン」だと自己認識している、という事を前提に題がつけられています。著者が著者ですから「出世」を希望するサラリーマンが対象でしょうが、営業マンも経理マンも技術者もサラリーマンですから、「サラリーマン」を対象にすると一般論と心構えくらいしか書けないはずです。にもかかわらず、「おっ?」と思わせるネタが「サラリーマン」という単語だというのは、いかに多くの人が「サラリーマン」という身分ありきで生きているのか、という事です。

例えば営業マン。米国ならトップ営業マンは独立してセールス・レップ(フルコミッションの営業)になったり、自ら販売会社を作ってしまったり、或いは営業コンサルの会社を作ったりするようです。「営業」というキャリアを「サラリーマン」の枠の中では捉えてない。でも、日本人で「将来は販売会社を作って営業で独立するんだ」という意識で働いている人はごく少数です。「営業課長」になって「営業部長」になって、社内政治に打ち勝って社長に、と考えてしまうのです。

「サラリーマン再起動マニュアル」は、もしかしたらその点でいい本(よくマーケティングされてタイトルがつけられている、という意味)かも知れません。独立起業するような根性はないけど出世したい「サラリーマン」が読者ターゲットで、日本人サラリーマンの多くが対象になるはずだからです。なんかちょっと寂しいですけどね。

Wednesday, September 8, 2010

両親のリタイア

両親がリタイアして早いもので数年経っている。

うちの場合、自営だったので商売を畳んだ。そして、仕事場と兼務していた自宅を売って田舎に引っ込んでしまったのだ。両親は子供達には相談せず夫婦で決めて実行した。それはいい。

意外だったのは、自分の心理的な変化だ。もう上京して20年になり、親とは完全に離れて生活しているにも関わらず、「生まれ育った故郷」から両親がいなくなると知ると、なんだか自分がその土地から切り離されるような感じがして、正体不明の不快感があった。帰るところを失うような感覚だ。自分の中では、もう「東京が地元だ」と割り切って、自分自身でそう信じているし、実家に帰ってももはや知り合いも友人もいないのに。地元のねちねちした人間関係の文化が嫌いで上京したのに。子供の頃から嗅いできた薬品臭(化学薬品を使う仕事です)や、父親の仕事の道具。それらがなくなると、自分の一部を失うかのような感覚だったのだ。

しかし、それは「新しい実家」が生まれたことで埋め合わされた。何度か両親の新居に行く事で、そこが「実家」のような感じが定着してきた。不思議なものだ。父親にとって仕事は人生だった。だから新居にも仕事場をミニチュアで再現してある。それもよかったのかも。

それまで出張で実家のある町に行けば必ず実家に泊まっていた。だから地元のホテルには泊まったことがなかったが、以降、もう泊まるところがないのでホテルに泊まる。これもおもしろいものだ。よく知っているつもりの場所も、そこに泊まってみれば見え方も違う。意外に知らない場所もたくさんある。そして、泊まるところが自由になったので、昔縁のあったところを少し時間を作って訪ねてみたりもしてみた。これもおもしろい。大学や高校、昔住んでいた家、など。故郷の再発見と言ったところか。

結局、両親がリタイアして、故郷を失ったのではなく、新しい故郷を得、元の故郷を再発見することになったようだ。

Tuesday, September 7, 2010

坂本龍馬が流行っていますけど

結局、単に福山雅治が格好イイ、というだけのような気がします。確かにいろいろ活躍した人なんだろうけど、「偉大な人物」とまでは言えないでしょう。むしろ多くの人にとって「自分でも手の届くヒーロー」なのかと思います。
身分の低い武士出身、というのが、サラリーマンっぽいし、藩名(社命)に逆らって信念を貫くところは「サラリーマンの夢」でしょうか。また経歴を見ても上手に庇護者を見つけて事業(?)をやっているように見え、裸一貫で事業を成し遂げる、というよりも、大企業を上手に動かして新規事業を広げていくようにも見えます。

何となくのイメージですが、サラリーマン金太郎みたいです。金太郎もはちゃめちゃに見えて、あくまでもサラリーマンですから、社内のいざこざがあろうと、本人がはちゃめちゃに動いているように見えようと、会社に所属して毎月給料をもらう存在です。独立して裸一貫で事業をやるようには動いてません。視聴者がリアリティが持てないからでしょうか?

シーサイドホテル舞子ビラ

シーサイドホテル舞子ビラ

基本リゾートホテルですね。ビジネス的には?だけど、個人的にこの近傍に用がありましてまたお世話になるかと思います。部屋はお世辞にもキレイとか新しいとか言えないです。ただ、海側に泊まれると、明石海峡大橋が目前で、絶景でしょう。

★★★

神戸プラザホテル

神戸プラザホテル

元町駅前のホテル。駅前なので便利はいいのだが、泊まった部屋が窓無しで窮屈な感じだった。部屋は小さくて、机スペースも最小限。観光にはいいかもしれないけど仕事にはちょっと・・。フロント・スタッフの方がフレンドリーな感じだったのだが救いか。

★★

三宮ターミナルホテル

三宮ターミナルホテル

三宮駅直結のホテル。部屋はコンパクトだし、新しいとも言えないけど、ともかくここは利便性だな。

★★★

ホテルピエナ神戸

ホテルピエナ神戸

神戸・三宮から徒歩10分弱のホテル。まぁ、水準はいいんですが、ちょっとメルヘンチックでビジネスにはどうでしょう?

★★★

松山東急イン

松山東急イン

全日空ホテルのすぐ前にあるホテルです。場所的には便利。

★★

Monday, September 6, 2010

★の意味

★は必ずしもサービスの良さなどではなく、今後の「出張で使う場合の」常宿候補のレベルです。同じレベルのサービスや設備でも同じ★になるとは限らず、また、出張用ホテルなのでロケーションの良いホテルが有利です。(ここまでのホテルは、2008~2010に出張で泊まったホテルです)

★★★★★
 常宿決定!
★★★★   常宿候補
★★★    「いつもの」まで行かないが今後もケース・バイ・ケースで宿泊候補
★★      他に選択肢があれば他を優先するかも
       

松山全日空ホテル

松山全日空ホテル

松山の中心地、大街道の入り口にあるホテル。便利な場所でイイと思う。部屋もきれいで、机もある、ただちょっと狭いと感じた。

★★★

岡山全日空ホテル

岡山全日空ホテル

新しくキレイな上、インテリアもシックなビジネス調で広さも十分。仕事用のデスクも立派で、何より椅子がエグゼクティブチェア。今まで泊まったホテルでも一番アタリかも。

博多都ホテル

博多都ホテル

初めての福岡出張で泊まったホテル。博多駅筑紫口前にあって場所は便利だったけど、部屋が狭く、机も小さくて・・・。

ホテルクリオコート博多

ホテルクリオコート博多

博多駅筑紫口は、玄関口と反対側の裏口みたいだが、ホテルはたくさんある。このクリオコートは駅直結で便利。中は少々古かったが広いし、快適だった。

★★

ホテルニューオータニ博多

ホテルニューオータニ博多

少々古めかしいが立派なホテル。部屋も広くて重厚な感じで悪くなかった。場所が渡辺通駅で、天神からは結構歩く。乗り換えも不便。なんでこんな所に?と少々疑問持ったりして。

リッチモンドホテル福岡天神

リッチモンドホテル福岡天神

福岡の天神地区。繁華街の端、渡辺通沿いのホテル。渡辺通には夜5~6件のラーメンなどの屋台が出るし、付近には飲食店もそれなりにあり便利。ただ天神駅からは半端。
部屋は広くてキレイ。机が大きいのも気に入った。

ダイワロイネットホテル岐阜

ダイワロイネットホテル岐阜

名鉄岐阜駅そばの新しいホテル。部屋がきれいなのはもちろん、机が大きくLANも高速だった。ダイワロイネットはグループで、自動チェックインを入れているようで、カードもらったけど・・・。名鉄岐阜駅のそばなので、市内では比較的賑やかな場所。便利だと思う。

★★★

新・都ホテル

新・都ホテル

京都駅八条口駅前にあるホテル。都ホテルなので、それなりに高い水準を持つ。部屋は広いしキレイで立派だ。ただ、八条口って駅前寂しいよね・・・。

★★★

ホテルブライトンシティ京都山科

ホテルブライトンシティ京都山科

以前、京都駅前のホテルが取れずにやむなく取った宿。京都駅から一駅の山科駅前にある。部屋はキレイだし、悪くない(広めで、ゆったりしている印象)。駅前はちょっと寂しいけど・・。訪問先がJRの沿線なら問題ないね。一応コンビニや数は少ないけど食べるところはある。大浴場(私は使わないけど)がひとつなので男女入れ替え制だそうです。

京都センチュリーホテル

京都センチュリーホテル

京都駅烏丸口すぐの便利なホテル。京都駅は烏丸口と八条口があるが、やはり烏丸口の方が便利だろう。新しいホテルではないが、十分キレイで便利だ。何より京都駅から近いし、京都駅地下街が目の前で食事などにも便利だ。京都に来たときは選択肢の一つだろう。

ホテルモントレ・ラ・スール大阪

ホテルモントレ・ラ・スール大阪

大阪は京橋、というよりOBP(大阪ビジネスパーク)にあるホテル。京橋・京阪沿線にも土地勘が欲しくて・・・。新しいのでキレイだし、中はスゴイモダンです。なんかおしゃれすぎて居心地が悪いくらい。ただ、場所がOBPということで、OBP以外では便利というわけではないかな。

天王寺都ホテル

天王寺都ホテル

大阪の南の玄関口、天王寺。今回は奈良方面と大阪南部方面に所用があり、こちらに宿を取りました。古いしこじんまりしていつつも清潔でまとまりのいい部屋で思ったよりも快適でした。天王寺の駅に直結と言うのもいいのではないでしょうか。
天王寺は、JR、谷町線、御堂筋線と多くの線が来ているので思ったよりも便利です。ターミナルとしての規模もそこそこあるので(梅田や難波には及ばないですが)不便ではありません。また使うかも。

シェラトン都ホテル大阪

シェラトン都ホテル大阪

大阪は上本町六丁目、谷町九丁目にある国際ホテル。部屋は広いしキレイで立派。ロビーもさすがにシェラトンです。でも、場所が・・・。個人的に近鉄の沿線に用があったので使いましたが、代替ルートも見つけたので・・・。またいつかお願いします。

ホテル・ザ・ルーテル

ホテル・ザ・ルーテル

大阪は谷町四丁目にあるホテル。周囲には何もない・・・よ。誘惑が無くていいんだけど。このホテルのいいのは、部屋ですね。広めですし、キレイです。そして、出張族に最高なのは「机」です。今まで知っている中では最大ではないでしょうか。

大阪 新阪急ホテル

大阪 新阪急ホテル

大阪で最も賑やかな場所である阪急梅田直結。ともかく便利さが抜群。隣には巨大なヨドバシカメラ梅田店があり、パソコン系の調達もばっちり。飲食店もあるし、百貨店もあり、ともかく何でもある。ガード下の飲食店街(新梅田食堂街)は安いお店がたくさん!地下鉄御堂筋線の駅がすぐそば(ヨドバシの地下)だし、全部地下通路で行けるので雨にも濡れない。

ホテル自体の建物は古く、内装も古くさい。それに狭い、が、机も十分で出張用途には十分かな。



2011.1.25 追記: 部屋に余裕があったらしく、若干の料金追加でダブルの角部屋にアップグレード。おぉ、このくらいの広さならいいな。ツメツメ感がなくて、机も普通に使える。