Labels

hotel (64) android (47) mac (46) ubuntu (27) English (8) travel (6)

Tuesday, December 23, 2014

アイルランドに行ってみた



飛行機ネタです。

春にはニューヨークに行ってみたわけですが、今回はアイルランドです。

アイルランドはイギリスの西隣に位置する島国で、長くイギリスに支配されていたため公用語として英語が通用する国です(民族語はほとんど使われていないようです)。ただイギリスとはもめ事が多く、お互いにあまりよい感情は持っていないようです。民族もケルト系民族で本来は言語も人種も違うようです。小さい国で目立った産業もありませんが、音楽の世界では私が好きなエンヤケルティック・ウーマンなどを排出しており、以前から興味があり、一度行ってみたいと思っていました。今回機会があって行ってみることに。
小さい国で、日本からの直行便はなく、経由便になります。スタアラメンバーとしては、もちろん加盟エアラインからチョイスを考えました。

1) まずエアラインのチョイスから
「スーパーフライヤーズなのですからまずはANAで!」とANAのサイトで検索するとルフトハンザ便が出てきます。東京->フランクフルト->ダブリン、という行程ですね。一旦仮予約するも、最後のフランクフルト-> ダブリンが取れずに流れてしまいました・・・。
で、ルフトハンザのサイトで直接検索してみると・・・あった!。しかも少し安い!。なので、ルフトハンザのサイトで予約を入れました。もちろんエコノミーで・・。

2)  往路はエコノミー・・・
しょーがないですよ。エコノミー料金ですもん・・。それでも、ビジネスクラス・カウンターでのチェックイン、優先セキュリティーゲートの利用ができ、出発空港の羽田ではANAラウンジが、乗り継ぎのフランクフルト空港ではStarAlliance Goldのラウンジを使用できました!また、乗り継ぎ便では優先搭乗も。

3) ダブリンにて
本当ならターミナルのすぐ前にバス乗り場があるのですが、到着が深夜になり、AirLinkというバスが終わってしまっていました。仕方なくタクシーで。5,000円程か。

4) 市内
ホテル到着は12時過ぎ・・で・・入口が閉まってた!。B&B級だからしょうがないか・・。ぼろいホテルの割に高かったなぁ・・。

5) ダブリンの中心部は小さく歩いて回れますね。
詳しくはAll Aboutを・・・(参考にしました・・)。

 6) SIMカード
SIMフリーのNexus5に、現地プリペイドSIM(meteor)を挿して使用。15ユーロだった。なお、ネットワークは状態が悪く、ほとんど3Gでしかつながりません。たまにLTEになった・・・感じ。ちょっと面倒だったのは、電源を入れ直すとPINを入れ直す必要があった・・くらい。
ちなみにコンセントはイギリスと同じBFタイプです。ただ、万能タイプも要りますね。飛行機の中のコンセントや乗り継ぎ空港(のラウンジ)は違うタイプだ、という事はよくあると思う。

7) おみやげ
市内のあちこちにあるCarrollsという店がいい。

 8)復路
ダブリン空港まではAirLinkで。ルフトハンザのビジネスクラスカウンター利用。優先セキュリティゲート利用。ラウンジはあまり時間が無く利用しませんでした。最初の飛行機が遅れたためフランクフルトの乗換も時間が無くラウンジは使えなかった・・・ですが・・・幸いにプレミアム・エコノミーにアップグレードが叶いました。

9) 雑記
アイルランドについては、なかなかよさげではあったのですが、「イギリスの田舎」的であまり特徴があるように思えませんでした(ちなみにイギリスには行ったことがないので、イメージです)。もし、また機会があれば、今回は見られなかったアイリッシュダンスを見てみたい・・ですね。楽しそうですもん。


No comments: