Labels

hotel (64) android (47) mac (46) ubuntu (27) English (8) travel (6)

Tuesday, March 10, 2015

おお、でたねぇ

新型Mac Book。

感想は、どちらかといえば"新型iPad"だな、と。
iPadは、タブレット端末という位置づけなんだけど、人によっては「サブパソコン」的な使い方になっている。Webのブラウズやメール、スケジュール、メモの「参照」には便利がいいけれども、入力が苦手だ。この欠点を補うにはMacBook Airしかないが、やや重い。

その点、この新型MacBookは、軽量でRetina対応で、まるで「キーボード付きiPad Air」と「Mac Book Air」の中間的な性格だ。外部ポートなんて一つしかないから、メインパソコンとしては使いにくい。あくまでもサブだろう。

と、考えると、このユーザは、メインパソコンをiMacか何かで持っていて、通常はデスクで作業するんだ。そして、打ち合わせや外出に持っていくモバイル端末としてこの新型MacBookを使うことになる。iPadよりも入力が楽だが、一方でMacBook Airほど「パソコンらしくない」。一方で、このMacBookをメインで使うのは不可能ではないかもしれないが、ちと違うだろう。

私個人的には従来タイプのMac Book Airの方が使いやすいかなぁ。

Sunday, March 1, 2015

Audio Technica ATH-SPORT4

Audio Technica ATH-SPORT4

Bluetoothのイヤーバズ(イヤホン)が欲しくなりましていろいろ探しました。そもそも有線イヤホンから乗り換える理由が、「コードが邪魔」なので、Bluetoothユニットが別体なっているものは候補から外しました。また、カナル式のものが多いのですが、耳を完全に塞いでしまうことに抵抗があり、結局「アクティブフィット・イヤピース」が付属しているこれにしました。

1. 重量はいいのですが、耳へのかけ方に癖があります。アームの針金で型を付けて耳に引っ掛けるのですが・・・使いやすいようなそうでもないような。

2. 音質ですが・・・アクティブフィット・イヤピースを付けた状態は期待外れでした。「なーんだ、こんなもんか・・・」と諦めつつ、ファインフィット・イヤピース(耳を塞いでしまうモノ)に付け替えると全然イケるではありませんか・・・。そうなんか・・・

結局音質については及第点をあげられる(透明感のあるきれいな音です)ことになりましたが、耳掛けアームだけ気になりますな・・・。

(後日談)
イヤピースのサイズを合わせると多少マシになりました。そして、さらに鏡見ながら合わせて見たら、ぴったりと合うようにもなった。場所を覚えればいい話なのか・・。でも、それもなんだか。結局カナルで耳を塞ぐのであれば、ATH-BT12の方が良かったかな・・なんて思ったり。Audio Technicaは値段の割に音がいいので、気に入っているだけに・・・

(さらに後日談)
本機はapt-Xコーデックに対応していないです。それでも音質は決して悪くありませんが、「ハイクオリティ」な音が欲しい方はATH-BT12です。SPORT4の更に上を行きます。

(再び後日談)
と言うわけで、しばらくお蔵入りしていたSPORT4ですが、最近復活しています。上述で否定したアクティブフィット・イヤピース仕様にし、後ろのコードはゴムで固定してしまいました。電話目的です・・・。個人的には音楽はパソコン(Mac)で再生する事が多く、電話(iPhone) で音楽を聴く事は少ない。もちろん片耳のヘッドセットやら、コード付きのイヤホンマイクでもいいのだけれど、Bluetoothヘッドホンでちょうどいいのがない・・(条件はBluetoothのイヤホンで、かつ、開放型、密閉型だと自分の声もこもって聞きにくいから・・)。と考えると、出回っている両耳型のイヤホンで条件にあうモノは・・何だ・・手元にあるじゃないか・・・SPORT4+アクティブフィット・イヤピースかな・・と。でこれを復活させて、iPhoneと組み合わせて使い始めました。今のところ良いです。
上述の通り音楽の音質は落ちますが(後述)、周囲の音や自分の声も聞こえるので、通話に重点を置くには良いです(人の声は明瞭に聞こえますし)・・・なんで、ここに拘るか・・というと、最近英語の通話が結構あるから、ですね・・・。帰国子女でもないし留学経験もないワタクシが英語の業務を行うに当たって、英語力の不足を少しでもカバーしたい訳です。
 なお、音質なんですけど、アクティブ・フィット・イヤピースだと「低音がスカスカ」になる、という事です。これをカバーする方法もあります。iPhoneのイコライザを使用して低音を持ち上げてやるのです。ミュージック>イコライザへ行くと、プリセットの設定を選べるのでBassBoosterを選びます。そうすると低音の不足がかなりカバーされますね。

今のところよさげですが、しばらく使って見ます。

(その後)えーっと・・・通話はダメですね。何人か通話してみましたが、通話相手が「聞こえにくい!」と言います。